おなら 止まらない 原因

おならが止まらない原因とは!!

人前でおならをするのはとっても勇気がいることですし、なるべくなら人前でおならはしたくないもの。

 

ところが「でもの腫れもの所構わず」ということわざがあるように、我慢しても出てしまうことってあります。

 

さらにおならが止まらないといった場合、なおさら大変です。

 

ではおならどうして出て、止まらなくなるのか
原因と理由などについて紹介していきたいと思います。

 

おならの正体って、一体何かご存知でしょうか?知らない人の方が、当然多いと思います。

 

おならは主に食べ物によって発生するものと思われがちですが、実はそれよりもウエイトを占めているものがあります。

 

それは、食事の時に食べ物と一緒に口に入る空気なのです。

 

食事をする時には食べ物だけでなく無意識に空気も口から吸いこんでいるのです。

 

その空気は胃腸を通り、やがてお尻に抜け出していきます。

 

おならにはこの空気が約70%を占めていて、食事の回数が多い人ほどおならの素を吸い込んでいることになります。

 

おならが止まらない理由とは?

おならが止まらない理由に、腸内にガスが多くたまっていることが挙げられます。

 

例えば便秘気味の人やダイエット・デトックスで食物繊維を多く摂る人、菜食主義の人にはおならが多く出る傾向にあります。

 

おならはある程度の量まで我慢できますが、限度を超えるとその都度体外に排出されます。

 

するとおならの回数も増え、その結果止まらないといったことになるのです。

 

また1日に体内にたまるおならの量は、成人では100mlから2500mlとかなりの個人差があります。

 

おならが多くたまる人ほどおならの回数が多くなります。

 

さらにストレスや交感神経の働きが鈍くなっても、おならの回数が増えます。

 

病気が原因でおならが止まらないことも…

一方、病気が原因でおならが止まらない場合もあります。

 

例えば大腸がうまく機能しないために発症する過敏性腸症候群や空気を大量に飲み込んでしまう呑気症などの病気にかかるとおならが大量にたまり止まらなくなります。

 

常におならが出るので、本人は精神的にも辛い思いをします。

 

また大腸がんの場合でもおならが止まらないといった症状が出る場合がありますので、心当たりがある人は病院で検査を受けることが必要です。

 

臭いも気になります…

止まらないおならの場合、便秘や過敏性腸症候群など、腸内に老廃物がたまっていたり異常発酵を起こしている場合には臭いを発することがあります。

 

おならの臭いの原因は、腸内悪玉菌により腸内の食べ物が腐敗したことによるものです。
通常おならは口から吸いこんだ空気のものは無臭です。

 

ところが腸内に腐敗した臭い老廃物が残っていると、無臭のおならに臭いが移り、クサイおならをする羽目になってしまいます。

 

おならの臭いを消したい場合は乳酸菌や酵素を摂って、
腸内善玉菌を増やすことが有効です。

 

乳製品や漬物などを努めて摂ることで、おならに臭いを消すことができ、おならが止まらないといった症状も緩和されます。

 

おならを止めたい人や人前でおならをしたくない人は、ぜひ普段の食生活や生活習慣を見直して腸内環境を整え、おならを止めることができるようにしておきましょう!